新米主婦ポニーのゆるっとブログ

仕事や結婚・妊娠のことなど"ゆるっと"情報発信していきます。

子宮動脈塞栓術について

こんにちは、新米主婦のポニーです。

今日は更新が遅くなってしまいました。

旦那さんに影響され、GW最終日は初めて競艇をお家でやってみました。結果は…聞かないでください。もう一生やりません。

 

前回は中期中絶後、子宮内に胎盤ポリープが出来てしまい緊急入院をしたことを書きました。

pony-mom.hatenablog.com

 

今回は緊急入院中に行った子宮動脈塞栓術という手術について書きたいと思います。

入院して3日目の夜、600mlの大量出血を引き起こし、翌朝急遽手術を行うことになりました。

 

胎盤ポリープの治療として一番良い方法は、自然治癒だそうです。傷口への血液量が徐々に減ってカサブタになって、自然にポリープが取れることが最も子宮へのダメージが少ないということです。

今後の妊娠や子宮保存にとって2番目に良い方法は私が行った「子宮動脈塞栓術」だそうです。

子宮内を直接治療するのではなく、動脈にカテーテルをいれ、数週間経過したら溶けるような詰め物を血管内に詰め、子宮に流れる血流を一時的に止めるという方法です。

胎盤ポリープに流れる血流を止めて、ポリープを枯れさせ、カサブタになって取れるのを待つということです。

 

先生の説明を受け、あっという間に手術は始まりました。

右の足の付け根に局所麻酔薬が注入され、意識がある状態で手術が行われます。足の付け根部分からカテーテルが入っていきます。

少しジンジンするような痛みや違和感がありますが、1時間ほどで手術は終了しました。

 

カテーテルを入れた箇所に重りを載せられるんですが、麻酔が切れてくると

 

本当に本当に本当に痛い!!!!!!!!痛いんじゃあああ!!!!!怒

 

動脈にカテーテルを入れた分けですから、動いたり、傷口がちゃんとふさがらなかった場合大量出血になりかねないので、止血がちゃんとできていると診断されるまで、何も身体を動かせないため、気を紛らわせることもできず…。

 

数時間で少しマシになり、次の日には動いてよいという指示が出ました。出産に比べればきっとなんのその、、なのでしょうが、メンタルも崩壊していたこともあり、肉体的にもしんどかったです。

 

手術は無事成功し、私の場合は術後3週間後に無排卵月経がはじまり、その際にポリープも一緒に剥がれたようです。

ちなみに、手術による今後の妊娠に影響は…

不妊のリスクが上がる

②癒着胎盤のリスクが上がる

かもしれないと言われました…。①に関しては、現に私が術後2か月後に妊娠をしました。②に関しては出産をしないと分かりませんので、どうだったか報告させてもらいます!

 

リスクがあるなどの可能性の話はもちろん先生からは説明する義務があると思うので、必ずしも全員が当てはまるわけではないと思います。

私もすごく不安でしたが、希望をもって次の妊活に挑みました。

 

産まれるまで、まだまだまだ不安ですが、同じような不安に思っている方も一緒に頑張りましょう!